ヤバい!髪が細くなる原因と改善法は?昔は太かったのに・・・


昔は髪が太くて、伸びるスピードもはやいので「スケベは髪が伸びるのがはやい」とからかわれて、髪型も自由自在だったのに・・・

最近は髪が細くなってしまって、ボリュームも出なくなってしかもおでこも広くなった・・・

と昔は髪が太くて将来ハゲになんてなるって思っても見なかった人が、髪が急に細くなり抜け毛が増え、薄毛に悩んでいる方が増えているようです。

 

髪が細くなると髪型もなかなか決まらないし、ペタッとした髪は老けてみられ、しかも不潔にさえ思われることも。

さらに抜け毛も増えるので、ハゲにドンドン近づいていきます。辛いですよね?

 

でも、なぜ髪がもともと太かった人が細くなってしまうのでしょうか?

髪が細くなる原因とは?

 

髪は実は抜けては生えるというサイクルを繰り返しています。生まれてから抜けずにずっと生えっぱなしという髪はありません。そのサイクルは4~6年といわれていて、髪は4~6年すると必ず抜けて新しい髪が生えてきます。

その新しく生えてくる髪ですが、若いころは抜けてしまっても、新しい立派な髪が生えてきてたあなたも、生えてくる髪は歳を重ねるにつれ元気のない細い髪だったり、全く生えてこないこともあります。

 

これが髪が細くなったり、また生えてこない場合は薄毛になる理由なのですが、その原因は頭皮環境のトラブルであることがほとんどです。

頭皮環境がトラブル、悪くなると頭皮は固くなります。そうなると毛穴が詰まりやすくなったり、髪に栄養が十分に行き渡ることがなくなり髪が生えにくくなってしまいます。

それはまるで砂漠の様な状態です。砂漠では草木は育ちませんよね?それが頭の上で行っているのです。

それってヤバい状態ってわかりますよね?

 

 

では、頭皮環境のトラブルはどうして起こるのでしょうか?

それは皮脂が過剰に分泌されているか、ストレスなどの神経の問題によるどちらかであることが多いです。

 

髪が細くなる改善法は?

 

お風呂に入る前に頭皮を指で触ってみてください。

 

指がテカテカしていない方はストレスの可能性が高いのですが、イライラすることが少なくても実は目の疲れが自覚症状は出にくいですが、ストレスとなっていることも多いようです。実際に目の疲れをいやすようになったら抜け毛が減ったという方もいるほど。

パソコンやスマホをずっと使っている方は使用する時間を少なくしたり、目の疲れを癒すことをやるといいかもしれません。

 

指がテカテカする方は頭皮に皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。

その場合は特に次の3点を注意すると良いですよ。

睡眠

成長ホルモンって知ってますか?

女性は知ってる方が多いのですが、美容やアンチエイジングのために成長ホルモンが分泌されることはとても重要です。それは髪の毛にとってもとっても重要。

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中、寝ている時です。その量は睡眠の質によって変わってきます。

 

睡眠時間が足らなかったり、質が悪かったりすると、成長ホルモンが十分に分泌されず、頭皮の環境も悪くなります。

食事

脂性肌の方はやはり油ものは控えた方が髪の毛のためにいいです。

また、髪の毛の成長にはタンパク質がとっても重要!そして、そのタンパク質は規則正しい、バランスのとれた食生活でつくられます。

 

食生活の見直しはダイエットにも美容にも健康にもいいので、これを機に見直してもいいかもしれませんね。

シャンプー

頭皮が皮脂でベトベトならやはり頭皮を清潔にすることがやはりもっとも大切なことです。

髪が細くなってきたと気になっているこれを機にシャンプーを見直すといいといいかもしれません。

 

最近は皮脂を落とす効果が高いとPRしている市販のスカルプシャンプーもありますが、注意すべきことは皮脂は落とし過ぎは逆効果になることがあります。


コメントは受け付けていません。