頭皮の皮脂でベトベト、においもするのでどうにかしたい。メンズシャンプーの洗髪方法は?


汗をかく時期だけではなく、頭皮のにおいやベタつきはとても気持ちが悪く気になってしまいます。においやベトベトから解放されるには、しっかりと頭皮の状態を清潔に保つことがベストですね。

でもシャンプーをし過ぎてしまったり、ベトベトを流そうと熱いめのお湯を使ったりすると逆に頭皮にダメージを与えてしまう事になります。頭皮の状態を良くするためのシャンプーの方法をしっかりチェックしておきましょう。

 

正しいシャンプーの方法は?

実はシャンプーはそんなにたくさんつける必要はありません。むしろ泡が立っていないくらいの量で十分です。

爪を立てたりせず指の腹で優しくマッサージする様に洗います。お湯の温度は人肌よりも少し暖かい38度程度で、しっかり流しきる事が重要になります。38度くらいの温度で頭皮の皮脂は流す事が出来ます。

もちろんそれ以上でも皮脂を洗い流せるのですが、あまり熱いと頭皮へのダメージに繋がるので注意が必要です。

 

シャンプーの手順としてはこのような感じになります。

引用元:スカルプD公式サイト

 

ズバリ!シャンプーの正しいポイントはここだ!

 

ではシャンプーの手順から次のことをチェックすると良いですよ。

シャンプーのし過ぎ

 

においやベトベトを気にして洗いすぎると、頭皮の内側の方で乾燥してしまうという状態になります。この状態になってしまうと、頭皮を守るために皮脂がどんどん分泌されて逆効果になってしまいます。

熱いお湯で洗い流してしまう

 

皮脂を落とすにはいいのかもしれませんが、皮脂が落ちすぎてしまうと乾燥状態になってしまいます。

しっかり流せていない

 

シャンプーの量が多い、すすぎが不十分だと残ってしまうシャンプー…しっかり流してしまわなければ逆ににおいやベトベトがエスカレートしてしまいます。

湯船につかる前にシャンプーする

 

あとはタイミングですが、お風呂に入ると先に全部洗ってから湯船に浸かる方が多いと思います。でも頭皮の事を考えるのなら先にしっかり浸かる方が良いんです。湯船にしっかり浸かることで頭皮の毛穴も開いてきますので、そのあとシャンプーでの効果が上がるんです。血行促進効果もあるので、薄毛などの悩みにも効果ありです。

とくに熱いお湯とかではなく、少しぬるめのお湯で長いめに浸かるのがおススメです。

 

頭皮のにおいやベトベト…本当に気になるけど、過剰な頭皮への刺激が逆効果になってしまうんですね。シャンプー選びなどでも悩みますが、とりあえず日ごろのケアで出来る事もたくさんありそうです。

元々は頭皮に必要な常在菌は皮脂や汗、頭皮のカスによって増幅してしまいます。頭皮に余計なものが残らないように、そしてダメージを軽減する事を重視してケアしていくとにおいやベトベトも改善していくと思います。

 


コメントは受け付けていません。